男冥利


0615 007.jpg

男冥利につきる一日。

本日、鉄板とご対面です。ユニック車は得意だがユンボは苦手ながら男はやっぱり乗り物が大好きなようです。まだもう少し段取り的にと天候的に先になりそうですが、斬鉄三昧の日が待ち遠しいのと、未知の創造ともゆえる創造しきれない行為にワクワクします!!
楽しい仕事というよりここまできたら仕事という感覚でなく、仕業といったところでしょうか??? 

鉄板に絵を描くという行為は、かれこれ溶接では経験したが
ガス切りでは初めてです。実はもうひとつやってみたい工法があるのですが、まずは現在の天の恵みとしてがんばり、何時しかエネルギーの解決がともなう頃に向け楽しみにしておきます。

巨大鉄板キャンバスに寝っころがり天に向かって感謝感謝・・・・・

写真ではわかりにくいが・・・

目がむっちゃ笑ってる。


0615 012.jpg

リベット


0612 001.jpg

リベットは溶接が無かった頃の接合方法。
こんな時代なのでこれからのおすすめアイテムかもしれません。

原発問題をふまえ今自分にできることは・・・
仕事で散々電気を使い、今もこのようにパソコンに向かい無駄かもしれん電力の供給を受けてる以上原発について反対であるとかとても言える立場ではないし、なにより現在も尚現場にて懸命に働いてる方々のことを考えると自分の無力さが情けない。とくにこのことが起こる前に考えていたことであればまだしも、どう考えても自分は電気のことなんか考えてない人間でした。

しかしこれからの自分は電気を使う人として考えないといけない。
原子力に変わるエネルギーなんてことを考えられる知識がないので、身近に出来ることから微力でも頑張りたいと思います。この先この電気は、風力ですとか太陽光ですと言われてもほんまかどうかもわからん自分にとって難しく考えずシンプルに・・・

出来るだけ『脱・電気』 

究極の節電!!

このように考えたいと思う。

満ちてるからええものと考えず、満たなくてなにが生まれるかを見たい。

満たされへん人間に戻るもよしで
無くなって満たされるものも見たいやん。
困難であれ、喜びであれ

生きることには違いない。

満たされた死に様を探し今を生きよう。

金の斧と鉄の斧

628 010.jpg

本日は、どしゃぶりの雨で山の作業場は吹き降りのおかげで作業範囲1メートルというコンディション。先日紹介した作品『龍』の嫁ぎ先が決まり、最終チェックと仕上げに入った。
そんな中、ふと初めて感じた?というのが嘘のようだが、俺はほんまに鉄という素材が好きなんやと自然にすぅ~~~~~っと身体を突き抜けたような感じに陥った。
特別に鉄に対して意識したことが無かったからそのようなことになったかも知れない。
あと火も好きである。 鉄と火はもちろん相性がええ!!
当然これから一生、鉄と向き合って生きます。好きやから・・・

逆に流行や金的に鉄を扱うと火傷する???
いやいやっ ただ単に流れ行き過ぎ去るに違いない。
鉄に火傷は付きもんで、火傷してなんぼ。
鉄に金をかぶせる奴は火傷以上の罰が下ると
斧で伝える昔話。

金偏に失うが・・・鉄
つまり鉄の神は貧乏神

その神と付き合う覚悟のうえで鉄が好き。

身体の火傷は治るけど

心の火傷は治らんで



作品名 龍

久々に作品をつくりました。
これから挑む大作のシュミレーションも兼ねての制作でしたが・・・・・
久々に楽しかった!!

大作とゆうのは、厚み16mm 高さ3メートル 幅1.5メートル 重量約600kgの鉄板を斬鉄にて絵を描きます。

鎌倉へ来て・・・吐きそうな苦しみも味わったが、乗り越えれば楽しさがおとずれ、苦しかったことのほうが今後に活かされると感じる。

経験して確信する!!

人生は楽しみより苦しみのほうが学べる。

『苦しみを楽しむ』!!!

そしていつかまた旅立つ!!

旅立ち羽ばたく・・・・・

龍のように!!


06.7 016.jpg

不思議なこと・・・

0504 036.jpg

生きてると不思議なことがおこるものです。
写真の看板は、鉄工所から独立し、奈良にはじめてもった自分の工場での初めての仕事です。
依頼主は保育園からの幼なじみで、半分?いやっほぼ無理矢理作った看板でした。彼は八百屋の息子なのになぜか中学から好きやった楽器の道に行ってたのです。その頃は楽器にまったく興味がなかった俺は一生懸命楽器の説明をしてくれても右から左に聞き流してた。ある日突然その彼が死んだという訃報が届きました。そう今はいてません。悲しいはずの葬式にびっくりしたのは音楽好きの若者たちの数の多さやった。300人ぐらいは参列してたと思う。その後追悼コンサートなどもあり、彼は幸せな奴やったとゆうことをみせられたことで今も悲しみはない。

そんな楽器屋とスタジオを経営していた幼なじみがいながら
楽器に見向きもしいひんかった俺がある日突然楽器に目覚めるとは・・・
現在でも存在するその看板には、今でこそわかるメーカーの切り文字を俺は斬鉄していたのだ!! そんな有名一流メーカーの楽器とは無縁だが・・・
あくまではじめて2年というベースの腕前なのでそこはしゃーないが、溶接機に関しては一流のメーカーしか使いません!!(笑)

そこでこの夏!!(日程は未定)
葉山は森戸海岸のステージでライブします!!
流れのままこのようなことになったわけですが・・・
前回に述べたよう成りたいわけでなく・・・成ったということを
楽しみたいと思います!!

一応その辺は3流なため・・・
ビキニの方はなるべく後方で見守って下さい!!(笑)

幼なじみのゴリへ・・・

お前おれの身体勝手に使ってへんか?????

何者に成りたいか?

0525 014.jpg

東京は荒川区へ看板の取り付けへ行ってきた。本日も世田谷で門扉の打合せ。
東京へ来る前は、東京の良さなど感じず東京を目の当たりにして東京を感じることになりました。東京のを知る前は京都が首都やと思ってたが・・・(笑)
京都が中心やと思ってたその頃は・・・『成りたがってた』しかし東京を知って不思議と徐々に成りたがらん自分へと変化した。ようは成りたがる欲を捨てました!!

成りたがるより成る??? 成るというより成るがまま。
成りたいと思ってた何かに魅力がなくなった?いやっ
成ったとしても所詮は俺と同じ人間の採点・評価というわけで・・・
小学校からそこが疑問で反発して勉強せえへんかった道理を今更曲げるわけにもいかんのです。

必要とされる人へただただ創りたいと思います。

しかしひとつだけ長年想う成りたいものがある。

それは猫!! 犬は人間に成りたいと想ってそうやけど

猫は絶対人間になりたいとは想ってない!!

猫になったらまた猫に生まれ変わりたいと

猫は想ってると思う。
admin
link
Calendar
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
search this site.
archives
others

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18